Posted by Eri Minami - 2015.09.18,Fri
最近また追い込まれています。

さきほどようやく懸案の一作が完成しました。



それと平行で今宝物のような一点を描いています。


先日行った恩師平木美鶴先生の個展で

改めて気づかされた事、、

先生の個展はまるで宝石箱の様で。

宝物がいっぱい詰まった小箱大箱のキラキラがたくさんそこにあるような

そんな感覚でした。

そして初めて一点選びました。

なんだか子どもの頃自分だけの宝物を集めてほくほくなっていた感覚。

自分の宝物箱をそっと開いてときめいていた感覚。

ああ、私はそういう場所に描いた絵を展示してもらって

お金を出して買ってもらっている以上、

そこに宝物を作り出さなければならないんだと。

改めて思い知ったというかなんというか。

初めてコレクターさんの気持ちが分かりました。(遅い)

自分がこういうのを描きたいという作家としての欲求はもちろん、
エンターテイナー的なプロ意識というかそれはやぱり持つべきだと。
「どうだい!この作品を見てくれたまえ!!」みたいな気持ち。

作品を選ぶのもとっても楽しかった。

先生本当にありがとうございました。
(ここをお読みにはならないと思うので好き放題書いてしまいましたが。。)

今の私はもっと深めなければならない。

もっと。世界を。そういう時間が必要だ。


Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
CALENDAR
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
FREE AREA
COMMENT
[07/08 UGG靴N級品]
[07/02 バレンシアガスーパーコピー]
[04/07 ブランド財布]
[04/07 スーパーコピー時計]
[10/25 ブランドコピー]
TRACK BACK
PROFILE
HN:
Eri Minami
年齢:
35
HP:
性別:
女性
誕生日:
1982/09/24
職業:
絵描き
趣味:
写真
自己紹介:
2児の子をもつ絵描きです。日々のいろいろなことを徒然なるままにぽつりぽつりと書いていきます。
MOBILE NIKKI
SEARCH
THE OLDEST NIKKI
カウンター